【行政書士ラジオ】勉強法の比較:独学 vs. 予備校

結論: 行政書士試験の勉強法について、独学と予備校のそれぞれには利点と欠点があります。自分の状況や学習スタイルに合わせて選択することが重要ですが、私の経験から言えることは、どちらの方法でも合格には至る可能性があるということです。

理由: 30代〜40代の働いている受験生にとって、仕事や家庭の事情に合わせた勉強法を選ぶことが重要です。独学と予備校それぞれには、異なるメリットとデメリットがあり、どちらが最適かは個人の状況に依存します。私の経験を通じて、それぞれの利点と欠点を共有します。

具体例:

独学:

  • 利点:
  • 自分のペースで学習できる:仕事や家庭の都合に合わせて学習スケジュールを調整できる。
  • 費用が比較的低い:予備校に比べて学習資材のコストが低く抑えられる。
  • 欠点:
  • 孤独感:孤立感を感じることがある。予備校のようなクラスメイトや講師とのコミュニケーションが限られる。
  • 自己管理力が必要:自分で進捗を管理し、計画的に勉強しなければならない。

予備校:

  • 利点:
  • 指導がある:講師からの指導を受けることで、理解が深まりやすい。
  • グループ学習:クラスメイトと情報交換や励まし合いができる。
  • 欠点:
  • 高額な受講料:予備校の受講料や教材代が費用がかかる。
  • スケジュールに縛られる:指定された授業スケジュールに合わせる必要がある。

結論: 私の経験から言えるのは、どちらの方法でも合格には至る可能性があるということです。自分のライフスタイルや学習スタイルに合った方法を選び、その方法を最大限に活用することが成功の鍵です。重要なのは、自分に合った方法で効率的に学習し、目標に向かって着実に前進することです。同じ境遇の仲間たちと共に、最適な勉強法を見つけ、合格を目指しましょう!


このブログは、合格してない同じ境遇の受験生が、自分に合った勉強法を見つける手助けとなることを目指しています。どちらの方法も有効であり、皆さんの個別の状況に合わせて選択できることを知っていただけたら幸いです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次